top of page
宇宙船

WORKS

光と空気感の演出でリアリティあるイラストを描く

光と空気感の表現の極意

同じキャラクターイラストであっても、立体感やリアリティに差が出るのはなぜでしょうか?
それは「光」の表現が大きく関係しています。
立体的に見えるのは、光と影を塗ることによって「奥行き」があるように視覚的に錯覚させているからです。
単なる明暗の差だけではなく、「空気」の層や、光の「色」を現実に近付けることでより実在感を引き出しています。
本書では、光が生み出す効果を理論として取り上げ、西洋海外の技法をイラストに取り入れて解説を行っていきます。

書籍名:光と空気感の表現の極意

出版社:マイナビ出版

発行日:2023年8月22日

価 格:2,090+税

​ギャラリー

クリック後✖️ボタンで終了​

bottom of page